R-生活者インサイト(定量)は、これまでのようにアンケートで得られる意識データに加えて、ウェブログなどの行動データを合わせて分析することにより、生活者の「行動の癖」つまり“嗜好性”を導き出し、その嗜好性を加味したカスタマーセグメンテーションを可能にします。

概要(特長)

戦略立案の際に、いわゆるSTPを実施しますが、その中で通常活用する「意識データ(アンケート)」に加えて、「行動データ(ウェブログデータやオンライン購買データ)」を掛け合わせることで、生活者の“嗜好性”を導き出し、その嗜好性を加味したセグメンテーションが、新しい戦略の糸口になります。

概要

活用事例

ワインユーザーの戦略立案において実施をしました。以下3つの視点より「マーケット全体(一般生活者)理解~マーケティング戦略につながる顧客セグメンテーション」をサポートしています。

  1. ワインマーケットを俯瞰的に把握し、顧客実態を理解する
    • 既存のアプローチである価格帯別(〇〇円レンジ)や、産地別(〇〇産ワイン)では不可能な、深い顧客理解
    • 生活者のワインに対する、情緒的ニーズや機能的ニーズを総合的に考慮し、顧客像を描く
  2. 戦略を構想するための、セグメントに合った訴求ポイントを明確にする
  3. 具体的なマーケティング施策を考える材料の提供

1.ワインマーケットを俯瞰的に把握し、顧客実態を理解する

(1)ワインマーケット全体を俯瞰的に把握し、顧客実態を理解する

2.戦略を構想するための、セグメントに合った訴求ポイントを明確にする

(2)戦略を構想するための、セグメントに合った訴求ポイントを明確にする

3.具体的なマーケティング施策を考える材料の提供

(3)具体的なマーケティング施策を考える材料の提供

料金プラン

詳細はお問い合わせください。

運用スケジュール

こちらはスケジュールの一例です。分析するデータの種類や量により変動します。

スケジュール

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする