近年多くの分野において、企業のマーケティング活動はオフラインにおいてのみだけでなく、オンラインとの一体化が進みつつあります。
「R-カスタマージャーニー・インサイト」では、アクセスログデータと生活者インタビューを通じて、オンラインの情報接触等の行動分析と、態度変容や購入理由等の心理分析を行います。

概要(特長)

一般的に定性調査でカスタマージャーニーを作成する場合は、ある商品を買った人やあるサービスを契約した人に対して、どのような検討プロセスを経て購入し、どのようにクチコミをシェアしたのかインタビューを行います。
そのため、対象者の記憶を頼りにジャーニーを作成することが一般的ですが、R-カスタマージャーニー・インサイトでは対象者のアクセスログデータ(情報収集の時期やアクセスしたサイト、その順序等)を活用し、事前に行動ベースの事実を把握したうえで、その行動の背景にあるエモーショナルな事実をインタビューで確認することができます。
そのため、インタビューだけでは思い出すことができなかったよりリアルな事実をとらえたカスタマージャーニーを描くことが可能です。

概要(特長)

分析事例:カスタマージャーニーの理解と分析(通信サービス)

分析事例:カスタマージャーニーの理解と分析(通信サービス)

サービスを解約した対象者の解約前後のログデータを分析。いつ・どのようなワードで情報検索をしたのかや、アクセスしたサイトとその順序等、インタビューでは把握しきれないユーザーの行動をつぶさに把握し、課題の分析を行いました。

サービスを解約した対象者の解約前後のログデータを分析。

料金プラン

詳細はお問い合わせください。

スケジュール

スケジュール

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする