楽天インサイト、誕生。

楽天リサーチと楽天AIPは、
楽天インサイトに変わりました。

イノベーターマーケティング™の活用

はじめに:イノベーター理論

  • スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が、1962年に『Diffusion of Innovations』(邦題『イノベーション普及学』)で提唱。
  • 商品購入に対する態度をもとに、新しい商品に対する購入の早い順から、消費者を5つのタイプに分類しています。
  • つまり、商品がどのグループに受け入れられているかを知ることは、新商品開発や商品ライフサイクルマネジメントなど、様々な局面において非常に有効な視点です。
はじめに:イノベーター理論

概要:イノベーターマーケティング™

概要:イノベーターマーケティング™

楽天インサイトならではのセグメンテーションアプローチと提供サービス

楽天インサイトならではのセグメンテーションアプローチと提供サービス

活用事例:自動車カテゴリーにおけるイノベーターセグメンテーション

  • 前述のイノベーター分類手法を用いて、自動車カテゴリーにおいて、生活者の分類を行いました。
  • 分類された自動車イノベーターセグメント間には、自動車に関して異なる態度・姿勢が見られます。
活用事例:自動車カテゴリーにおけるイノベーターセグメンテーション

活用方法イメージ:従来と異なる基軸による新たな市場創造

  • イノベーターやアーリーアダプターに着目して受容性が高いことを確認することは、生活者全体における受容性を見るのと異なり、新製品の受容性ポテンシャルの見落としを防ぐことができます。
  • たとえば、以下のようなリサーチ結果がある場合、「アーリーマジョリティ及びレイトマジョリティーは、アーリーアダプターの評価に影響を受ける層であるから、イノベーター及びアーリーアダプターの評価ポイントを確実に訴求することにより、今後全体の好意度が底上げされる可能性を持っている」という判断がありえます。
活用方法イメージ:従来と異なる基軸による新たな市場創造

活用方法イメージ:将来性を加味した顧客理解

  • 開拓したい市場におけるイノベーターやアーリーアダプターセグメントを理解することで、現状の市場での判断ではなく、今後の可能性を見据えた打ち手を構想し、効率的な市場戦略につなげることが可能。
活用方法イメージ:将来性を加味した顧客理解

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする