インターネットリサーチ

Academic Research

学術調査(アカデミックリサーチ)

学術調査(アカデミックリサーチ)のイメージ写真

大学、大学院等の学校法人(教授・先生)・学生の方にインターネットリサーチを学術調査向け価格でご提供します。
学術研究や論文のためのアンケート実施・研究等にご活用ください。

商品特長

業界最大規模の調査パネル

  • 楽天グループの様々な利用者から構成されている単一調査パネルは、約220万人と業界最大規模です。短時間で調査対象者を抽出することができるため、条件の厳しい対象者や、フレッシュサンプルで何度も調査を行うといったことが可能になります。
    • ※2021年10月時点
    • ※12ヶ月以内に楽天インサイトでログインあり(不正者・重複者を除く)

データ品質の高さ

  • お客様のご要望に応じて、適切な調査票設計やデータクリーニングなど、品質を高めるためのご提案を行っています。

他社アンケートシステムへのサンプルサプライも可能

  • 楽天インサイト以外のアンケートシステムに対して、モニターを誘導することも可能です。使い慣れたアンケートシステムでの調査を実現します。

適用条件

  • 大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する教員の方
  • 大学・大学院・短期大学・専門学校に在籍する学生の方

対象調査

  • 学術調査・研究調査であること
  • インターネット調査であること
  • ※共同研究の案件等で、一般企業・シンクタンク・コンサルティングファームがご発注元になる場合は対象外となります

活用事例

1. 大規模インターネット調査

環境が住民の身体活動・健康に及ぼす影響を研究するための定量調査を行った。60,000名への大規模調査であったが、人口構成比に合わせてスムーズにデータ回収を行うことができた。

大学教授(社会学・環境学)

2. 妊婦を対象としたインターネット調査

3,000名の妊婦の方に対して、定量調査を実施した。その後、半年ごとに同対象者に対して継続調査を実施した。概ね6割以上の再回答を得ることができており、継続調査における回答率も高く、良質なデータを得ることができた。

大学教授(医学)

3. 他社アンケートシステムへのサンプルサプライ

国政選挙における意識と投票行動の関係を測るため、事前・事後で調査を行った。セルフ型システムにおいて自ら作成したアンケートに、調査対象となるモニターを誘導し、クイックにデータの確認を行うことができた。

大学教授(政治学)

料金プラン

ご利用の流れ

画面作成~データ集計・納品まで標準5営業日〜

「ご利用の流れ」のイメージ図
  • ※実際の調査内容によってスケジュールが変動します

Contact

お問い合わせ

調査・お見積りについて相談する
公開レポートの引用・転載を依頼する
調査・お見積り専用窓口
0120-944-907(受付時間:10:00~17:00)
【アンケート回答者の方】
アンケートモニターに関するFAQを見る・お問い合わせをする

お問い合わせ

検索

見積りシミュレーション