『今年のお正月におせち料理を食べた人は6割弱。おせちを「すべて購入」した人が「すべて手作り」の人を上回る。』
おせちに関する調査

2020年2月5日

楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 秀文、以下「楽天インサイト」)は、「おせちに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2020年1月4日(土)から1月7日(火)の4日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果

過半数が「おせち料理を食べた」「お雑煮を食べた」と回答。お正月の過ごし方で最も多かったのは「お正月の特番などを見た」

今年のお正月(2020年1月1日~3日)の過ごし方を聞いたところ、「お正月の特番などを見た」(63.0%)と回答した人が最も多く、次いで「おせち料理を食べた」(57.3%)、「お雑煮を食べた」(55.6%)となった。
過ごし方を性年代別に見ると、「お正月の特番などを見た」と回答した人は特に女性40代で高かった(75.2%)。また、「おせち料理を食べた」「お雑煮を食べた」と回答した人は、男女とも60代で最も多く見られた。男性60代は同時に、「駅伝を見た」と回答した人が他の性年代と比較し、突出して高い(60.2%)結果となった。

◇今年のお正月の過ごし方(n=1,000:全員回答)複数選択 単位:%

今年のお正月の過ごし方

食べたおせちは自分以外の人が手作り・購入したという人が4割。また、「すべて購入」して用意する人が「すべて手作り」する人を上回る結果に

今年のお正月におせち料理を食べた人に、そのおせち料理を誰がどのように用意したかを尋ねた。
その結果、「自分以外の人が手作りをした」と回答した人(41.7%)が、「自分で手作りをした」と回答した人(23.7%)を上回った。同様に、「自分以外」の人が購入したと回答した人(45.5%)が、「自分で購入した」人(33.5%)を上回った。
性年代別に見ると、男性全体や、女性の20~40代で全体と同様の傾向が見られた一方、女性50代、60代では自分が用意したと回答した比率が高かった。
また、おせちをどのように用意したかに着目すると、44.2%が「すべて購入(手作りは含まれない)」と回答し、「すべて手作り」と回答した人(33.7%)を上回った。なお今回行った調査の中で昨年(2019年)のお正月に食べたおせち料理についても同様の質問を行ったが、この傾向に変化は見られなかった。

◇おせち料理の用意方法(性年代比較)(n=574:2020年のお正月におせち料理を食べた人、n=662:2019年のお正月におせち料理を食べた人)複数選択 単位:%

おせち料理の用意方法

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
※性年代構成比(10歳刻み)を人口構成比率に合わせて回収
調査期間   :2020年1月4日~1月7日
調査実施機関 :楽天インサイト株式会社

出典元
このレポートは、楽天インサイトを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ
0120-944-907(受付時間:10:00~17:00)

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート