『今後生で観戦してみたいスポーツは1位が「野球」、2位が「ラグビー」。2020年に最も応援したいスポーツ選手は羽生 結弦(フィギュアスケート)がトップ』
スポーツに関する調査

2020年3月13日

楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 秀文、以下「楽天インサイト」)は、「スポーツに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2020年2月7日(金)と2月8日(土)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果

定期的な運動またはスポーツをしていない人が約半数

定期的な運動またはスポーツをしているかを聞いたところ、「全くしない」(41.9%)もしくは「1カ月に1回未満」(9.1%)と回答した人の合計が51.0%となった。一方、「毎日」と回答した人は1割未満だった。

◇定期的に運動またはスポーツをしますか(n=1,000:全員回答)単一選択 単位:%

定期的に運動またはスポーツをしますか

定期的に運動またはスポーツをする理由のトップ3は「健康維持」、「体力維持」、「ダイエット」

1カ月に1回以上、運動またはスポーツをする人にその理由(複数回答)を聞いたところ、「健康維持のため」(86.7%)と回答した人が最も多く、次いで「体力維持のため」(63.5%)、「ダイエットのため」(47.8%)となった。

◇定期的に運動またはスポーツをする理由(n=490:1カ月に1回以上運動またはスポーツをする人)複数選択 単位:%

定期的に運動またはスポーツをする理由

さらに、運動またはスポーツをする理由の中から最もあてはまる理由を1つ(単一回答)聞いたところ、「健康維持のため」(45.7%)と回答した人が最も多く、次いで「ダイエットのため」(12.7%)、「体力維持のため」(11.2%)となった。
性年代別にみると、「健康維持のため」と回答した人は、男性・女性ともに60代(男性60代:58.8%・女性60代:63.9%)が最も多く、「ダイエットのため」と回答した人は男性30代と女性20代(男性30代:24.1%、女性20代:45.5%)が他の性年代を上回る結果となった。また、女性60代では「老化防止のため」(16.4%)が「健康維持のため」の次に回答が多い結果となった。

◇定期的に運動またはスポーツをする1番の理由(n=490:1カ月に1回以上運動またはスポーツをする人)単一選択 単位:%

定期的に運動またはスポーツをする1番の理由

定期的にしている運動またはスポーツのトップは「ウォーキング」、女性には「ストレッチ」、「ヨガ」が人気

定期的にしている運動またはスポーツを聞いたところ、「ウォーキング」(38.6%)と回答した人が最も多く、次いで「筋力トレーニング」(30.8%)、「ストレッチ」(27.3%)となった。
性年代別にみると、「ウォーキング」と回答した人は、男性・女性ともに60代(男性60代:54.9%、女性60代:50.8%)が最も多い一方、60代で「ジョギング/ランニング」(男性60代:3.9%・女性60代:9.8%)と回答した人は、男性・女性ともに他の年代を下回る結果となった。また、すべての年代において、「ストレッチ」もしくは「ヨガ/ピラティス」と回答した女性が男性を上回った(注)。

(注)女性30代は参考値です。

◇定期的にしている運動またはスポーツ(n=490:月1回以上運動する人)複数選択 単位:%

定期的にしている運動またはスポーツ

定期的に運動またはスポーツをする1番の理由ごとに、行っている運動またはスポーツの種類をみると、「健康維持のため」、「ダイエットのため」、「体力維持のため」、「ストレス発散のため」と回答した人が最も多く行っているスポーツは「ウォーキング」(それぞれ41.9%、44.4%、42.4%、36.0%)だった。また、「ダイエットのため」と回答した人では「ストレッチ」(38.9%)という結果となった。他方、「運動またはスポーツ自体が好きだから」と回答した人においては「ジョギング/ランニング」(36.0%)、「ゴルフ」(17.6%)「テニス」(17.6%)「サッカー」(12.8%)を実施する人の割合が、上位5位の全体傾向を上回る結果になった。

◇【理由別】定期的にしている運動またはスポーツ(n=490:1カ月に1回以上運動またはスポーツをする人)複数選択 単位:%

【理由別】定期的にしている運動またはスポーツ

運動またはスポーツにかける1カ月あたりの平均予算は6,683円

運動またはスポーツにかける1カ月あたりの予算を聞いたところ、平均は6,683円となった。運動またはスポーツをしている1番の理由ごとにみると、「ストレス発散のため」と回答している人の平均予算が16,145円と最も高く、次いで「運動またはスポーツ自体が好きだから」(11,781円)、「健康維持のため」(5,415円)となった。

◇【理由別】運動またはスポーツにかける1カ月あたりの予算(運動またはスポーツをする1番の理由が「健康維持」、「ダイエット」、「体力維持」、「運動またはスポーツ自体が好き」、「ストレス発散」の人)単一選択 単位:%

【理由別】運動またはスポーツにかける1カ月あたりの予算

定期的にしている運動またはスポーツ別に1カ月あたりの平均予算をみると、「ゴルフ/パターゴルフ」をしている人の平均予算が19,336円と最も高く、次いで「水泳」(8,909円)、「エクササイズ」(8,144円)となった。

◇【スポーツ別】運動またはスポーツにかける1カ月あたりの平均予算

【スポーツ別】運動またはスポーツにかける1カ月あたりの平均予算

定期的に運動またはスポーツをしない理由は「時間がないから」が最も多い結果に

定期的に運動またはスポーツをしない人(「全くしない」+「1カ月に1回未満」)にその理由を聞いたところ、「時間がないから」(34.5%)と回答した人が最も多く、次いで「運動が好きではないから」(25.9%)、「体を動かすことが苦手だから」(20.8%)となった。

◇定期的に運動またはスポーツをしない理由(n=510:「1カ月に1回未満」「全くしない」の人)複数選択 単位:%

定期的に運動またはスポーツをしない理由

子どもが定期的にしているスポーツのトップは男の子が「サッカー」、女の子が「水泳」

18歳以下の子どもがいる方に、子どもが定期的にしているスポーツを聞いたところ、男の子については「サッカー」(30.6%)と回答した人が最も多く、次いで「水泳」(18.4%)、「ジョギング/ランニング」(10.2%)、「バスケットボール」(10.2%)となった。女の子については「水泳」(26.0%)と答えた人が最も多く、次いで「バスケットボール」(15.6%)、「ダンス」(14.3%)となった。
また、子どもが定期的にしているスポーツとして男の子と女の子に共通しているのは、「水泳」、「ジョギング/ランニング」、「バスケットボール」、「ウォーキング」、「筋力トレーニング」で、それぞれ上位10位以内に入った。

◇子どもが定期的にしているスポーツ(n=98/n=77:同居している18歳以下の子どもが定期的に運動またはスポーツをしている方)複数選択 単位:%

子どもが定期的にしているスポーツ

子どもにさせたいスポーツは男の子と女の子ともに「水泳」がトップ

また、18歳以下の子どもがいる方に、子どもにさせたいスポーツを聞いたところ、男の子には「水泳」(26.5%)と回答した人が最も多く、次いで「サッカー」(25.0%)、「野球」(15.7%)となった。女の子には「水泳」(24.7%)と回答した人が最も多く、次いで「ダンス」(15.2%)、「ジョギング/ランニング」(12.6%)、「ストレッチ」(12.6%)となった。
また、させたいスポーツとして男の子と女の子に共通しているのは、「水泳」、「スキー/スノーボード」、「ジョギング/ランニング」、「バスケットボール」、「テニス」で、それぞれ10位以内に入った。

◇子どもにさせたいスポーツ(n=204/n=198:同居している18歳以下の子どもがいる方)複数選択 単位:%

子どもにさせたいスポーツ

テレビまたはパブリックビューイングで今まで観戦したことのあるスポーツ、今後観戦してみたいスポーツはともに「野球」がトップ。女性40代・50代・60代では「フィギュアスケート」が人気

テレビまたはパブリックビューイングで今まで観戦したことのあるスポーツを聞いたところ、「野球」(59.8%)と回答した人が最も多く、次いで「サッカー」(56.7%)、「フィギュアスケート」(50.3%)、「バレーボール」(46.9%)、「水泳」(44.4%)となった。また、今後観戦してみたいスポーツにおいてもトップは「野球」(21.3%)で、次いで「ラグビー」(19.5%)、「フィギュアスケート」(19.1%)、「サッカー」(18.9%)、「テニス」(14.5%)となった。
観戦したことがあるスポーツの1位を性年代別にみると、男性20代・30代は「サッカー」(それぞれ65.9%・60.6%)、男性40代・50代・60代は「野球」(それぞれ67.5%・68.6%・71.4%)、同様に女性20代・30代は「野球」(それぞれ58.4%・53.8%)、そして女性40代・50代・60代は「フィギュアスケート」(それぞれ59.3%・61.4%・60.0%)となった。
他方、今後観戦してみたいスポーツの1位を性年代別にみると、男性20代は「野球」、「サッカー」(それぞれ22.0%)、男性30代は「サッカー」(18.1%)、男性40代・50代・60代は「野球」(それぞれ28.3%・35.3%・33.3%)、同様に女性20代は「野球」(19.5%)、女性30代は「サッカー」(18.7%)、女性40代・50代・60代は「フィギュアスケート」(それぞれ30.5%・24.8%・36.4%)となった。

◇【テレビ/パブリックビューイング】今まで観戦したことのあるスポーツ・今後観戦してみたいスポーツ(n=1,000:全員)複数選択 単位:%

【テレビ/パブリックビューイング】今まで観戦したことのあるスポーツ・今後観戦してみたいスポーツ

【テレビ/パブリックビューイング】今まで観戦したことのあるスポーツ・今後観戦してみたいスポーツ

試合会場などで生観戦をしたことのあるスポーツ、今後してみたいスポーツはともに「野球」がトップ。「ラグビー」、「フィギュアスケート」などを今後観戦してみたい人が観戦経験者を上回る

試合会場などで生観戦をしたことのあるスポーツを聞いたところ、上位5位は「野球」(45.5%)、「サッカー」(26.3%)、「バスケットボール」(9.7%)、「バレーボール」(8.9%)、「ラグビー」(7.9%)となった。一方、今後観戦してみたいスポーツ上位5位は、「野球」(19.1%)、「ラグビー」(15.3%)、「サッカー」(14.2%)「フィギュアスケート」(10.4%)、「テニス」(8.4%)となった。
性年代別に観戦したことのあるスポーツ1位をみると、男女20代~60代いずれの性年代でも「野球」となった。
他方、今後観戦してみたいスポーツ1位を性年代別にみると、男性20代は「野球」「サッカー」(それぞれ19.5%)、男性30代は「サッカー」(21.3%)、男性40代以上は「野球」(それぞれ30.0%%・27.5%・27.6%)、女性20代は「ラグビー」(24.7%)、女性30代は「野球」(17.6%)、女性40代・50代は「フィギュアスケート」(それぞれ17.8%・12.9%)、女性60代は「ラグビー」(19.1%)となった。

◇【生観戦(試合会場など)】今まで観戦したことのあるスポーツ・今後観戦してみたいスポーツ(n=1,000:全員)複数選択 単位:%

【生観戦(試合会場など)】今まで観戦したことのあるスポーツ・今後観戦してみたいスポーツ

2020年に最も応援したいスポーツ選手は羽生 結弦選手(フィギュアスケート)がトップ

2020年に最も応援したいスポーツ選手を聞いたところ(自由回答)、羽生 結弦選手(フィギュアスケート)(14.4%)と回答した人が最も多く、次いで大谷 翔平選手(野球)、桃田 賢斗選手(バドミントン)(それぞれ6.3%)となった。また野球選手では大谷選手のほか、鈴木 誠也選手(9位)、藤浪 晋太郎選手(12位)、佐々木 朗希選手(15位)が上位20位以内にランクインする結果となった。

◇2020年に最も応援したいスポーツ選手(n=348:応援したいスポーツ選手がいる人)自由回答 単位:%

2020年に最も応援したいスポーツ選手

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2020年2月7日と2月8日
調査実施機関 :楽天インサイト株式会社

出典元
このレポートは、楽天インサイトを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ
0120-944-907(受付時間:10:00~17:00)

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート