新型コロナウイルス影響下における
『人生価値観』の変化・生活意識に関する調査

『新型コロナウイルス拡大以前と比べ、『家庭重視』の価値観を持つ層が増加』
新型コロナウイルス影響下における『人生価値観』の変化・生活意識に関する調査

2020年8月31日

楽天インサイト株式会社は、「新型コロナウイルス影響下における『人生価値観』の変化・生活意識に関する調査」をインタ-ネットで実施しました。今回の調査は、2020年7月28日(火)から7月30日(木)の3日間、楽天インサイトに登録しているモニタ-(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女3,183人を対象に行いました。

本調査では、生活者が「どのような人生を歩みたいのか」という価値観(人生価値観)が新型コロナウイルス拡大前後で変化しているのか否か、またその価値観の違いにより、新型コロナウイルスに対する意識や生活意識にどのような差異があるかを分析しました。なお、「人生価値観」の測定方法は、楽天インサイトが独自開発した人生価値観セグメント「RLV™(R-Life Value™)」(注)を用いています。

(注)「RLV™(R-Life Value™)」とは、アンケ-トの回答結果をもとに、生活者それぞれを全部で9つからなる「人生価値観」に分類するセグメンテーション手法です。9つの「人生価値観」は、米国マ-ケティングサイエンス学会(Marketing Science Institute)にて提唱されたメソッド「A Multi-Item Adaptation to the List of Values(MILOV)*」をベ-スに楽天インサイトが独自開発したものです。
※Herche, Joel. (1994). Measuring Social Value; A Multi-Item Adaptation to the List of Values(MILOV) (Working Paper Report Number94-101). Cambridge, MA: Marketing Science Institute.

生活者それぞれを全部で9つからなる「人生価値観」

調査結果

新型コロナウイルス拡大以前と比べ、『家庭重視』層が増加し、『欲求充足重視』層が減少

新型コロナウイルス拡大以前(2019年12月)と今回の結果を比較したところ、全体では『家庭重視』の価値観を持つと判別された層が1.4ポイント増加し、『欲求充足重視』の価値観を持つと判別された層が2.0ポイント減少した。

性年代別でみると、女性20代・40代・50代で『家庭重視』層の割合が増加した(それぞれ+5.2ポイント、+4.0ポイント、+4.4ポイント)。また、男性60代では『刺激重視』層が5.5ポイント増加した一方で、『欲求充足重視』層が5.0ポイント減少した。

職業別でみると、「会社員(営業・事務・企画系)」では『家庭重視』層が4.7ポイント増加した一方で、『欲求充足重視』層が3.6ポイント減少した。「会社員(技術系)」では『やりがい重視』層が3.2ポイント増加したほか、「会社員(経営・経営管理)」では『刺激重視』層が12.4ポイント、「専門家(医師・弁護士・会計士など)」では『人間関係重視』層が7.1ポイントそれぞれ増加した。また、「パート・アルバイト」では『家庭重視』層が3.6ポイント、「学生」では『自尊心重視』層が4.7ポイントそれぞれ増加した。「専業主婦・主夫」では『刺激重視』層が3.7ポイント、『欲求充足重視』層が3.5ポイントそれぞれ減少し、『他人の目重視』層が3.6ポイント増加した。「無職」では『自尊心重視』層が5.2ポイント減少した。

◇価値観セグメント ※「RLV™(R-Life Value™)」をもとに判別、n=9,480(2019年12月)・3,183(2020年7月):全員回答、単位:%

価値観セグメント

◇年代別の価値観セグメント構成比 2019年12月→2020年7月の増減ポイント n=9,480(2019年12月)、3,183(2020年7月):全員回答、単位:%

年代別の価値観セグメント構成比

◇職業別の価値観セグメント構成比 2019年12月→2020年7月の増減ポイント n=9,480(2019年12月)、3,183(2020年7月):全員回答、単位:%

職業別の価値観セグメント構成比

「新型コロナウイルスに対して、正確な情報を得ることが重要だ」、「マスク着用やソ-シャルディスタンスを守ることは重要だ」、「新型コロナウイルスと闘う方々(医療従事者など)への感謝を感じている」は全体で8割以上があてはまると回答。価値観セグメントごとにも新型コロナウイルス影響下における意識や反応に差

回答者全員に対し、新型コロナウイルス影響下における反応を中心に、現在の気持ちや意識を聞いた。

全体では、「新型コロナウイルスに対して、正確な情報を得ることが重要だ」(85.0%)、「マスク着用やソ-シャルディスタンスを守ることは重要だ」(84.2%)、「新型コロナウイルスと闘う方々(医療従事者など)への感謝を感じている」(82.5%)がトップ3となり、それぞれ8割以上の人が「あてはまる~ややあてはまる」と回答した。これらの3項目はどの価値観セグメントでもトップ3を占めるが、『他人の目重視』層では「マスク着用やソーシャルディスタンスを守ることは重要だ」(87.2%)が「新型コロナウイルスに対して、正確な情報を得ることが重要だ」(85.8%)をわずかに上回るなど、1~3位の順位に全体と差異が見られる価値観セグメントもあった。『刺激重視』層ではトップ3項目それぞれが全体と比べて10ポイント以上低く、他の価値観セグメントよりもトップ3すべてが低い結果となった。

またトップ4以下を価値観セグメントごとに見ていくと、いくつか傾向の違いが見られた。

『安定重視』層では、「家族と過ごす時間をもっと大事にしたいと思うようになった」(全体:54.5%、『安定重視』:40.8%)、「人とのつながりの重要性をより感じるようになった」(全体:49.5%、『安定重視』:35.4%)などが全体と比べ10ポイント以上低かった。一方で「自分や家族の仕事・収入に不安を感じる」(全体:53.4%、『安定重視』:61.4%)が全体と比べ5ポイント以上高い結果となった。

『自尊心重視』層では、「新型コロナウイルスによる困難を社会全体で協力して乗り越えていきたい」(全体:73.5%、『自尊心重視』:82.1%)、「自分や家族の健康管理に気を付けるようになった」(全体:71.8%、『自尊心重視』:79.6%)などが全体と比べ5ポイント以上高い結果となった。

『他人の目重視』層では、「新型コロナウイルスの影響で、自分の行動がほかの人にどう受け止められるか気になる」(全体:38.5%、『他人の目重視』:47.7%)が全体と比べ5ポイント以上高く、「日常が制限される中でも、自分なりに楽しみを過ごしている」(全体:63.5%、『他人の目重視』:55.5%)、「外出自粛期間は、自分磨きをするチャンスだ」(全体:43.9%、『他人の目重視』:36.3%)などが全体と比べ5ポイント以上低い結果となった。

『欲求充足重視』層では、「新型コロナウイルスの影響で、生活にプラスの変化も生まれたと思う」(全体:42.9%、『欲求充足重視』:52.7%)、「テレワ-クを活用して、場所にとらわれない働き方をしたい」(全体:39.2%、『欲求充足重視』:49.2%)などが全体と比べ5ポイント以上高い結果となった。

『家庭重視』層では、「家族と過ごす時間をもっと大事にしたいと思うようになった」(全体:54.5%、『家庭重視』:63.8%)、「自分や家族の健康管理に気を付けるようになった」(全体:71.8%、『家庭重視』:80.6%)などが全体と比べ5ポイント以上高く、「手に職をつけて、会社に縛られない働き方をしたい」(全体:46.7%、『家庭重視』:41.0%)が5ポイント以上低い結果となった。

『刺激重視』層では、「マスク着用やソ-シャルディスタンスを守ることは重要だ」(全体:84.2%、『刺激重視』:69.4%)、「自分や家族の健康管理に気を付けるようになった」(全体:71.8%、『刺激重視』:58.0%)など多くの項目で全体と比べ10ポイント以上低い結果となった。

『快楽重視』層では、「社会に貢献したい気持ちが強まった」(全体:32.5%、『快楽重視』:23.2%)、「テレワ-クなどを活用して、家族との時間を増やしたい」(全体:31.2%、『快楽重視』:22.4%)などが全体と比べ5ポイント以上低い結果となった。

『人間関係重視』層では、「人とのつながりの重要性をより感じるようになった」(全体:49.5%、『人間関係重視』:65.1%)、「新型コロナウイルスによる困難を社会全体で協力して乗り越えていきたい」(全体:73.5%、『人間関係重視』:88.4%)などが全体と比べ10ポイント以上高い結果となった。

『やりがい重視』層では、「外出自粛期間は、自分磨きをするチャンスだ」(全体:43.9%、『やりがい重視』:55.9%)が全体と比べ10ポイント以上高く、「自分や家族の仕事・収入に不安を感じる」(全体:53.4%、『やりがい重視』:45.3%)などが5ポイント以上低い結果となった。

◇新型コロナウイルス拡大影響下における意識(現在の気持ちにあてはまるもの ※「あてはまる」「ややあてはまる」と回答した人の合計)(n=3,183:全員回答)単位:%

新型コロナウイルス拡大影響下における意識

新型コロナウイルス拡大影響下における意識

新型コロナウイルス拡大影響下における意識

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:3,183サンプル ※9セグメントへの判別不能サンプルを除く
調査期間   :2020年7月28日(火)から7月30日(木)
調査実施機関 :楽天インサイト株式会社

(注)本レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合があります。

出典元
このレポートは、楽天インサイトを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ
0120-944-907(受付時間:10:00~17:00)

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート