『ランキング1位はあの芸能人。〈休業要請対象〉や〈10万円給付〉などの対策系ワードもランクイン』
緊急事態宣言前後での急騰検索キーワード ベスト50

2020年5月19日

楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 秀文、以下「楽天インサイト」)は、緊急事態宣言前後で急騰した検索キーワード自主分析を、当社の「R-ウェブログインサイト(https://insight.rakuten.co.jp/datadriven/weblog.html)」を活用して行いました。
今回の自主分析は、楽天ウェブ検索を利用している楽天ユーザーのうち、2020年3月25日(水)から4月21日(火)の間に検索を行った方、約88万人を分析対象としています。

分析結果

検索している人が多かったキーワードランキング1位は、毎日のように耳にする〈コロナ〉

政府が緊急事態宣言を発出した4月7日以降の2週間(※総理会見が18時~であった為、8日以降で集計)において、どのようなキーワードを検索した人が多かったのかをランキング形式で確認すると、最も多くの人が検索したキーワードは、やはり現在も毎日のように耳にする〈コロナ〉 でした。
ちなみに、緊急事態宣言発出後の一か月間(4月8日~5月7日)においても、〈コロナ〉 というキーワードが1位でした。
その他、外出自粛に伴って利用が増えている〈楽天〉〈Amazon〉〈yahoo〉などのEC各社、〈通販〉といったキーワードもTOP10に入りました。
また、かねてから入手が難しくなっている〈マスク〉や、自宅で過ごす時間でさらによく見られている可能性がある〈youtube〉、休業する飲食店が増えていることから自宅で料理をするための〈レシピ〉など、時流を反映するようなキーワードがTOP10入りを果たしています。

◇検索人数ランキングTOP10

検索人数ランキングTOP10

急騰検索キーワードランキング

一定期間の検索キーワードのランキングだけを見ても、納得感のある結果を得ることは可能ですが、さらに生活者の興味関心がどのように変動しているのか?を理解するために、緊急事態宣言以前と以後における検索キーワードランキングを比較して、大きく順位を上げたキーワードは何があるのか、を確認しました。
緊急事態宣言が発令された4月7日までの14日間と、翌日からの14日間において、それぞれ検索した人数(UU数)が多い順番にランキングを出し宣言前と宣言後のランキングを比較、ランクアップした数(差分)が多い順番に「急騰キーワードランキング」を作成しました。
以下、50位から昇順に見ていきたいと思います。

◇急騰キーワードランキング集計方法

急騰キーワードランキング集計方法

<50位~41位>急騰ランキング50位は、治療薬として期待されている〈レムデシビル〉

5月7日に、新型コロナウイルスによる感染症の治療薬として承認された、ギリアド・サイエンシズ社の抗ウイルス薬 〈レムデシビル〉 が50位にランクイン。42位にランクインした 〈島津製作所〉 も治療薬開発に利用可能な試薬を5月11日に発売しています。
小池東京都知事が報道陣に対して発した「密です」という言葉を発端に開発された〈密ですゲーム〉も47位にランクイン。
やはり、コロナ関連のキーワードが多い状況が確認できます。

◇急騰キーワードランキング41~50位

急騰キーワードランキング41~50位

<40位~31位>急騰ランキング31位は「名探偵コナン」の映画〈紺青の拳〉

31位の名探偵コナンの映画〈紺青の拳〉は4月17日に「金曜ロードSHOW!」にてTV初放送となったものですが、4月9日にスタートした筒井康隆作の〈富豪刑事〉も33位にランクインするなど、テレビコンテンツ関連が登場しています。
4月8日に結婚を発表した〈峰なゆか〉さんは34位にランクイン。36位にランクインした〈セウォル号〉は、 4月16日で事故発生から丸6年となりました。
緊急事態宣言に伴って発表された〈特定警戒都道府県〉は37位にランクインとなりました。

◇急騰キーワードランキング31~40位

急騰キーワードランキング31~40位

<30位~21位>急騰ランキング28位に〈10万円給付〉 が登場

従業員のコロナ感染を受けて、緊急事態宣言の対象地域に含まれる約500の現場を閉所する方針を打ち出した 〈清水建設〉 が21位にランクイン。
そして、新型コロナウイルス対策として、全国民に一律で10万円の給付を行う 〈10万円給付〉 も28位にランクインしました。
他方、4月11日から放映がスタートした2020年版 〈ハクション大魔王〉 (24位)や、4月11日にテレビ放映されたリーアム・ニーソン主演の映画 〈トレイン・ミッション〉 (22位)などのテレビコンテンツも20位代で確認できます。

◇急騰キーワードランキング21~30位

急騰キーワードランキング21~30位

<20位~11位>休業要請先に指定され話題になった〈ヌードスタジオ〉がランクイン

東京都の休業要請先に含まれていて話題を呼んだ 〈ヌードスタジオ〉 が20位にランクインしました。また、〈さいたま市立病院〉(13位)、〈なみはやリハビリテーション病院〉(16位)、〈中野江古田病院〉 (18位)など、院内感染の報道があった医療機関が10位台に登場しています。
代表幹事が「電子マネーでの給付が望ましい」と発言した〈経済同友会〉が12位となりました。

◇急騰キーワードランキング11~20位

急騰キーワードランキング11~20位

<10位~1位>急騰キーワードランキング1位はコロナ感染を発表した芸人〈たんぽぽ白鳥〉さん。

緊急事態宣言の翌日4月8日に自身のコロナ感染を公表したお笑い芸人の〈たんぽぽ白鳥〉さんがランキング1位に。余談ですが、夫のチェリー吉武さんとの自宅隔離生活のブログも話題を集めているようです。
2位には1986年にスタートし、今年で35回目を迎えた歴史のあるキャラクター投票イベント、〈サンリオキャラクター大賞〉がランクイン。1日1回投票出来るほか、途中経過の発表や予想を当てる企画などもあり、アクセスを集めたと思われます。
秘書の感染を発表し、国会議員関連では初めての感染報告となった〈鳩山二郎〉衆院議員(5位)や、〈速水けんたろう〉さん (3位)、〈石田純一〉さん(8位)、〈富川悠太〉さん(7位)など、コロナへの感染を公表された方々も上位にランクインしました。
また、4月11日から放送されているドラマ〈野ブタをプロデュース〉(6位)や、4月14日に放映された〈恋つづダイジェスト〉※(9位)などのテレビコンテンツはここでも登場しています。
※「恋はつづくよどこまでも」のダイジェスト版の略称
〈休業要請対象〉 は僅差で4位となりました。

◇急騰キーワードランキングTOP10

急騰キーワードランキングTOP10

次回予告

今回のランキングで28位に入った 〈10万円給付〉 というキーワード。
集計期間の4月21日までにこのキーワードを検索した人は、早い段階で給付金に対して興味関心を持った方々と考えられます。(※4月20日に一律給付の概要を総務省が発表)
この〈10万円給付〉というキーワードを検索した人たちがどういった生活者なのか?
今後数回にわたって、楽天の保有するデータを使った自主分析の結果を発表していく予定です。
どうぞ、ご期待ください。

分析概要

集計期間  :2020年3月25日~4月21日
※4月7日の緊急事態宣言までの14日間と翌日からの14日間、計28日間
集計対象者  :楽天ウェブ検索ユーザー全体
ランキング方法:緊急事態宣言までの14日間に検索した人数(UU数)と宣言後の人数(UU数)のランキングを作成し、宣言前から大きくランキングを上げた順番でランキングを作成
調査実施機関 :楽天インサイト株式会社

◇急騰キーワードランキング一覧

急騰キーワードランキング一覧

出典元
このレポートは、楽天インサイトを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ
0120-944-907(受付時間:10:00~17:00)

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート