楽天インサイト、誕生。

楽天リサーチと楽天AIPは、
楽天インサイトに変わりました。

アンケートで作成したセグメンテーションのデジタル活用

ブランド戦略・商品開発の段階では、通常アンケート調査によって顧客セグメンテーションを定義し、顧客像を描きますが、実際に広告宣伝・販売促進を行う段階では、そのターゲットセグメントに属する人を対象にコミュニケーションしたり、そのセグメンテーションに基づいて施策の結果を確認することができないという問題が起こります。

楽天インサイトでは、楽天グループの会員基盤を活用することで、マーケティングプロセスの上流工程で設定したセグメンテーションに基づくターゲットの行動を、その下流工程においても共通のデータ基盤で確認することができます。

アンケートで作成したセグメンテーションのデジタル活用

上流工程での分析事例

生活者理解・商品開発の段階では、パネルへのアンケートによって意識データを取得し、マーケティングリサーチの手法を用いてセグメンテーション構築、プロファイリング・ペルソナ作成を行います。

上流工程での分析事例

下流工程での分析事例

上流工程で特定したターゲットセグメントに対して最適なコミュニケーションプランを設計した後、ターゲット拡張してリーチを広げたり、実行後の効果測定も共通のデータ基盤上で実施可能です。

下流工程での分析事例
Rakuten Marketing Platform

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする